遠い 思い出・・・・(過ちは よせ!)

冬は乾燥に注意して頂きたい・・・・。乾燥で想起する出来事だが 昔 暖房が効きすぎて 

部屋の中が乾燥してしまった。 寝床に潜り・・・・(これは 男の習性だろうか)ポコチンを

握り締めながら ウトウトと安眠の世界に入ろうとしておった その時、乾燥のせいか 玉袋が

かゆくなり 何気なく ポリポリとかいておった・・・。「えーい!痒い!」 眠りを妨げる、この痒

みに腹を立て「辛抱たまらん!」と保湿剤を探したが 見つからず 先日、友人が置き忘れて

いった(イボコロリ)なるものを発見し「これで 何とかなるだろう」と安易な気持ちで 局部に

刷り込んだが悲劇の始まり・・・・。

瞬間、すーっ として 痒みが治まったのだが 何かしら違和感を覚え 確認するが なんと 

セメダインを塗りたくった様に白濁しているではないか・・。拙者も、逸かは子づくりせねば な

らない大切な体・・。「なんじゃ!こりゃあ!やり直しだ!」と怒りと喚き声が 夜中に部屋中に

響いた事は 今にして思えば 私事でありながら 滑稽で異様にも思える・・。

夜中、眠いせいもあり 半分やけっぱちになりながら 台所にすっ飛んで行き 食酢を 

取り出し (何かに感染したのだと 誤解して)「細菌 消滅!」と声を張り上げ 玉金袋の

下に手を添え 野球選手の優勝ビールかけ大会が如く どばどばと 浴びせてやった。

「や、やったぜ 加トちゃん!」 金玉全体がかっと熱くなり 効き目が現れたように思ったが

数秒後 激痛がはしり しわしわと、玉袋が縮んで行く様な錯覚!拙者は八つ墓村の毒殺シ

ーンの様に倒れこみ 床を転げ周り悶絶す!「うっ!ややや やばい!仏様っ!」激痛が通り

過ぎるのを待ちやっと 峠は越えた・・・。

恐る恐る局部に眼をやると 梅干の果肉を取り去った種が 二つ

ぶら下がっている様に見えた・・・。「とっ!取り返しのない事を してしまった!」

自分の軽率な行動に怒りを覚えたが 某新聞に「男は楽観主義で行け!」と書いてあったの

を 思い出し 「よし!何とかなるさ!」と妙に自分をなだめ 就寝する事にした・・・。

次の朝、うとうとと 深夜の惨劇を思い返しながら 睡魔に勝ち起床す。 恐る恐る パンツを

下ろし 深夜の悲劇が大事無いようにと祈りを込め 確認した・・・・・・。「げえっ!」

読者諸君は 見たことがあるだろうかっ! 旧家に伝わる 我が家の家宝と称される 江戸期

製、100年物と 言われる梅干を!
玉袋は 白く 塩を葺いたかの如く 100歳を超えた国宝級

の老婆の様にしわしわに ひからびておった!まさしく あれだ!酷く 落胆したのは・・・遠き

思い出・・・。数年が経ち 子供も生まれ 親戚との祝いの席で 笑い話として 義父と義兄に

そっと打ち明けたが 「酢!?そっ!そんな事をしたら!」と眼をひんむいて 笑いもせず 固ま

っておった・・・・。

拙者(驚き 同苦するという事は・・同じ経験があるのかも なあんだ 人間ってみんな一緒な

んだな)と 妙に納得し この珍事が 拙者独特の愚行ではなかったのだと・・・

安堵したのだった・・・・。読者諸君は この様な過ちは 起こしてはならない・・・。

戦争も一緒だ・・・・・・・・。現・与党を 絶対に勝たせてはいけない。                

                             ボイギシこと仮面ライダーからのお願い



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック