日本国再生案                                  平成合戦絵巻のススメ

ご機嫌麗しく 執着に存ず・・・。 ボイギシです・・。僭越ではありまするが 憂国の士こと、

拙者が 発展後退国になってしまった日本国再生法を提案いたします。

これについては(地方の商店街も)暫し、ご照覧あれ!


どこかのアホ党も、ゆうとりましたが 「観光立国」で地方や日本を再生したいのであります!

ちいったあ マトモな事も言うやンけ! このすっとこどっこいがあっ!と感心しておりましたが

言うだけでなんの提案もないので 具体的に拙者が提案しますと・・・。

剣道経験を持つ拙者は 日頃から、この日本古来の伝統あるスポーツ「剣道」のルールを

改善し平成戦国合戦絵巻を各県対抗でやれば 外貨稼ぎと地域再生に一役買えるので

はないかと考えておりました。

あげな 顔もみえない面などつけずに 竹刀で打突するのではなく フェンシングみたいに

防護服に微弱電流を流し 斬った時に体を防具がフリーズさせるような仕組みを考案し

たら どうかと思います。大体、防具を竹刀で叩いて わざありである事、事態 理に叶わない

のではないでしょうか?防具以外を斬って初めて技ありとしなければ・・・。

ここからが 本題・・・・。

甲冑を着け馬にまたがり 合戦場まで隊列を組み 長い遠征の旅に出るのです・・・。

居合・古武道・弓道やなぎなた・チャンバラトリオ等の参加も可能であります。

御旗には 各地方地場企業の、名前を記し スポンサー料を貰おう。

チンどん屋 顔負けの宣伝効果だべ。

合戦場は地方のドームでも 野山でも 競技場でもよし 大群の宿泊先は 

もちろん観光地の民宿やホテルをつかうのです。

外食産業も賑わうでしょう。和食も見直されるかもしれません。

マスコミを大勢動員し 大々的に日本国家挙げての一大イベントをやりましょう。

老いも・若きも 一緒になって参加するのです。

子供たちも 武道を志し、健全な精神を学ぶ事ができるかもしれません。

儒教の精神でも学び もう一度 年長者を敬う、礼節を身に付けた

日本男児になって頂きたい。

さすれば 毎年、成人式等で醜態をさらす ならず者等一掃されるでありませう。

剣の世界は どんなに豪の者であっても 努力し辛い修行を乗り越えた者には絶対に

敵わないのであります。そこに人格、礼儀、作法が備わって やっと一人前になれるのです。

目立ちたがり屋の甘ったれどもは ヒーローになれぬのであります。

場を弁えず 不届きな振る舞いをする 成らず者に 若き娘達が恋心等抱く筈がござらん!

おっと、激昂してしまいました・・・。ご容赦くだされ。



勝利を手にした県には マスコミが1ヶ月に渡り 勝利県のアピールをしてくれるとか、

次回の合戦場に指定するとか アイデアは無限です。

お金持ちの役人たちも 「善きかな 善きかな 何たる剛毅の武士(もののふ)よ」と

喝采し、海外旅行等止めて 地方に喜んでお金を落としてくれるかも知れませぬ。

海外・国内の観光客を動かせばかなりの経済効果でしょう。

協力してくれる方がいらっしゃれば 本気でやろうと思っておるのであります。

外国人も日本人も 退屈しておるのです。 軍拡などで財閥だけが得しようと思わないで

日本国民が全員潤うような政策を考えましょう! けけけけけ(笑)稚拙かな・・・・。

師匠達が「剣道を冒涜するのかっ!」と怒るかも知れませぬがね・・・・。

あっ!それと女性は和服復活で 美容師・呉服業界が助かるかもね・・・。

若き女性も 恥じらいある大和撫子になるでしょうぞ。

着物を中国なんかで作らせちゃ絶対駄目だよ!鎧・兜も 刀剣もそうだ!

安い労働力をあてにして 儲かるなんてちんけな事しちゃいけない。

職人も育成し 良質・MADE IN JAPAN の復活だぜ!

外国人相手に 美術品として輸出するのだ!

見物人はちょん髷・丸髷姿で観戦して頂ければなお良し!

タクシー会社は篭かき若しくは人力車で行こう!高騰してしまったガソリンへのあてつけだ!

ニート諸君も 汗水を流して働こうぜ!雇用が生まれて 労働の喜びが味わえるというもの・・

ヨーロッパみたいに 観光で食っていこうよ そうすればちったあ 生活が楽になるかも・・。

これからは 高齢化社会だ!工業大国の地位は中国に奪われたので 今更悔やんでも仕方

あるまい。赤字国債発行等と多重債務みたいなことは止めて 

諸外国相手に稼ぐ事を考えてもらわねば・・・。場合によっては 国営カジノもありなのかも

知れない・・・。風紀が乱れるなどと言ってはおれぬのだ。

中途半端な演出じゃなくて 徹底的に 日本古来の文化を復活させれば

サムライ好きの、金持ち白人は大喝采じゃないかな・・。

選手の中から、キム拓みたいな アイドルがでちゃったりして・・・

建築は大八じゃだめですよ 大工じゃないと 日本建築には参加できませんから・・。


看板の文字もコンピュータの心がこもっていないものは だめですよ・・・・・。

職人の心がこもった 手書き文字じゃないと 活字並べただけじゃあね・・・。

あれって 気づかないだろうけど 結構街を殺風景にしてるんだよね・・・。

おなじ ゴシック体でも 個性がないと・・。(世界に一つだけの)

日本の景観がうすっぺらになっちゃうから・・・。

だって ポスターを拡大して貼り付けているだけもの・・・。

話が反れてしまった あしからず・・・・・。


追伸: この様な大プロジェクトは 映画会の大御所 角川春樹氏なら実現可能なんだろうな
    
    氏にお願いすれば 考えも着かないようなアイデアで日本を再生するかも知れない

    観光立国を本気でやるのなら 是非とも角川春樹氏に陣頭指揮をとって貰いたい物だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

支配人
2007年03月04日 23:39
 あるジーンズメーカーはMADE IN JAPANでなくMADE IN NIPPONというジーンズを発表している。
 わたしは半共主義だが、三島も好きな変な人間だ^^;;
 ボイギシさんの考えも分かるよ。
ボイギシ
2007年03月05日 10:07
支配人様 いつもカキコありがとうございます・・・・。

私は右翼ではありませんが、最近、2.26事件の青年将校たちの怒りを 身近に感じておるのです・・。
支配人様と私が あの時代に生きておったならば 彼らと行動を共にしたのかも知れません・。どこかの団体は中道を称しておりましたが 本当の中道とは 我々の様に「今」声を上げる人間達の事をいうのではないだろうか・・。国家権力・昔は若いもの達を利用するだけ利用してきたが 安保闘争以降は若者の暴走を恐れ骨抜きにし 政治にゃ関心を持たせないように誘導してきたのではなかろうか・・。ほいでもって 現在の体たらく・・。
戦時中の国家は「武士道」を国体大義のために乱用したように思います。
善き教えも 指導者が悪魔であれば 本末転倒であります。
悪に立ち向かっていける勇気ある人間達を作って行かねばなりません。

三島さんが今の日本を見たら 切腹どころの騒ぎじゃないかもしれませんね・

2007年03月05日 10:09
追記
宗教も思想も 拝金主義の世の中じゃ・・・ただの金儲けの大義に変わっちゃうのでしょうね・・・。悪魔・魔王の正体は「人間の欲」なのかも知ません。
資本主義社会・・恐るべし 恐るべし・・・。

この世の中で儲け主義のインチキ宗教屋がはびこる中、子供たちを躾けるという意味でもう一度 教育のあり方を問いたいと思うのであります。
超愚民党
2007年03月16日 08:49
ボイギシ様、度々弊党新聞に閲覧頂き御礼申し上げます。
貴君ブログの記事は高尚にして真っ当にて正統。
これからの御活躍を応援いたします。


超愚民党党首ありさちゃんで~す。
ボイギシこと仮面ライダー
2007年03月16日 13:16
おおっ!愚民党様から コメントを頂けました。拙ブログへ ようこそ!
貴殿は 拙者の師匠でもあるのです。
こちらこそ 益々のご活躍を願っております・・・・。

ここを閲覧された皆様、超愚民党でぐぐって下さいませ!
トラックバックしたかったのですが TBの方法がありませんでしたので・・。

この記事へのトラックバック