不思議について考える

高校生のとき 友人4人でトある島でキャンプする計画を立てた。

行き当たりばったりの計画だったので 集合した時ゃ 友人と二人っきりで行く事になってし

まった・・。(仕様が無いなあ・・・寂しいキャンプになりそうだ・・・準備もしたし 行ったれ!)

目的地に到着・・・。人口が極端に少ない島なので テントを張る場所は海辺の外灯もない

所・・。潮騒以外何も聞こえない・・・。まるで無人島に漂着したみたいだ・・・。

昼間は 海に潜って魚を捕ったり 泳いだりして時を過ごしたが・・・。

夜・・・男二人で夜空を見上げ 満天の星を見ていると 彼女のいない寂しさで 

ロマンチックにゃならず (何が悲しゅうて男同士ここにおるのやろう・・。)とまだ見ぬ伴侶を思

い、ため息を漏らすのであった・・・。

キャンプファイヤー・・・沈黙を破り 友人が突然 ケラ・ケラ・ケラと笑い出した 拙者の髪が逆

立つ!火に照らされた 友人の顔が怖い!

夜目にも 不気味に映し出される 笑い顔は 今まで見たことの無い友人の表情だ・・。

彼の前歯は けんかで欠けていて 昼間見ると 滑稽なのだが・・。

ファイヤーに照らされた面持ちは ハロウインのカボチャと般若の面をミックスさせたような 気

持ち悪さが 恐怖感をかき立てたのである。 

拙者:「ひいっ!どどどど どうしたん!?」

友人:「いや。何でもない ヒヒヒヒヒ」

小学生時分 「エクソシスト」なる映画を見て あまりの恐ろしさに 便所に行かず寝小便をたら

した経験を持つ拙者としては 友人の高笑いに髪は逆立ち 夏なのに背筋がぞっとし

鳥肌がたつのであった。

(じっと 見ておると怖いので 目をそらしておこう・・・。おおっ 怖っ!)

拙者、なるべく 焚き火を凝視して 顔を見ないように心がけたね・・。

波の音が騒がしいと感じるほどの静けさ・・・。呼吸の仕方まで気を使ってしまうほど

異様な時が流れる・・・。昔 家族でテレビを見ていて エロいシーンに出くわしたとき

呼吸のタイミングを謀り コタツにもぐりこんで じっと息を殺していた時の緊張感とは 理由が

違うのだが あれに似ている・・。(怖っ!豹変しないで・・・・。)

(いっ!いかん!何か 明るい話題はっ!そっ!そうだ こげな時は エロイ話が一番じゃ)

拙者:「そっ、そういえば 同級生の○○ グラマーじゃったのうー。」

友人はビールをグイッと飲み干し恨みがましい顔で拙者を睨みつけ

友人:「○○は あんたの事 好きやったそうじゃが 知らん振りじゃったそうじゃのう?かわい

    そうに 原因はわからんが 死んだそうじゃぞ・・・。」

拙者:「ひいっ!死んだじゃと!?初耳じゃ!?」

しばしの沈黙が流れ・・・。

突然!何かにでも取り付かれたように

友人:「8年間好きだったのにっ!振り向いてもくれなかったわねっ!?」

と女言葉になり すくっと 立ち上がった!

拙者:「ぎやああああっ!」

暗い海辺を 転げながら逃げる拙者を 高笑いしながら 追ってくる友人・・・!

こりゃあ まるで 八つ墓村のラストシーンじゃ・・・。

やっと振り切り 息切れして立ちすくむ友人が暗闇の中で叫ぶ

友人:「冗談だってば!早く 戻っておいでよ!」

拙者:「悪い冗談じゃ!こげな馬鹿なことは これきりにして くんろ!」と席に戻る。

やっと 落ち着いたと見るな否や

友人:「ケケケケケケケケ(笑)」とやり出し 逃げる拙者、追う友人。

夜通し 何度これを 繰り返したことだろう。(しつこい男じゃ!)

大自然の暗闇で木霊する友人のオランウータンのような 笑い声と 拙者の声が裏返ったよう

な悲鳴を誰かが聞いたら「ななな 何なんだ あの声は」と 恐怖のあまり座り込んでしまうか

もしれない・・・。

体力の限界!精も魂も尽き果て

とうとう 拙者はテントで寝ずに 岩陰で一夜を過ごしたのであった。

男二人でキャンプに行く等という非ロマンチックで無意味な行動は 本日限りを持って 拙者の

人生からは削除することにした!(これは 我が家の家訓としたい)

夜があけ 臆病を克服した拙者は 友人に文句をいってやろうと テントに近づく・・・・。

拙者:「あぎゃっ!(驚)」

潮が満ち、テントが水没しておるではないかっ! ビショビショに濡れた友人が

友人:「おーい!大変な事になったぞ!」

拙者:「てっ!天罰じゃ!己が あほな事するからじゃっ!」

友人:「天罰って・・・?それより 気がついたら アンタがいないので びっくりしたよ!自分だ.

    け逃げてからに・・・!」

拙者:「そちは、昨日の拙者への仕打ちをおぼえておらぬのかっ!?」

友人:「はあっ?何のことよ?」

酔っていたのか ふざけて しらを通しておるのか 昨夜の事は知らぬ存ぜぬとの事・・・。


友人は悪びれる様子もなく 帰り支度をする・・・。

拙者:「昨夜の悪ふざけは 嘘じゃッたんだろう?○○死亡説は嘘じゃろう!?」と詮索す。

友人:「何のことよ!?○○が死んだ!?そりゃ ほんまかえっ!?(本当かっ?)」

演技なのか からかっているのか・・・・。否、それにしてみても 役者じゃ・・。

つい最近まで この話をすると 知らぬ存ぜぬなのだ・・・。○○の消息もわからない・・・。

未だに 謎なのである・・・・。

島を出るとき 食堂に寄る・・・・・二人しかいないのに コップが3つ・・・。

拙者:「ひいいいっ!」悲鳴をあげる・・・。(完)


世の中にゃ 不思議な事が多々ある・・・。年金問題もその一つだが 国家的詐欺に逢って

いながらも 暴動も起きない現実・・・。拙者、 此れほどの「不思議」に遭遇したのは キヤン

プの一件以来でありませう・・・否、秋の空と女心・・・恋愛は別としてだ。

しっかしまあ!これで次回の参院選が与党の勝利ならばだ!新たな「不思議」が 拙者の

人生に刻まれるだろう・・・。大人になって ちっとや そっとでは 驚かなくなった拙者では

ありまするが・・・・。自公政権の勝利だけは止めて欲しいのでありますよ・・・。

「政治は誰がやっても同じ」と思ってる方達!気持ちは判るが せめてNO!の意思表示だけは

ハッキリしましょうよ!心あるかたは投票所へ・・・・ でないと、

本当にやばいよ!

まあ、当然のことながら 投票率が下がると、選挙勝利に腐心している団体が喜ぶだけっすか

らね・・・。日本が「変」になる原因は 「無関心とあきらめ」で投票しない事っすから!

あっ!それと 一票は自分の為に入れてね。決して 「頼まれたから」とか「お付き合いで」

なんて事は 止めよう!折角 勝ち取った投票権を 無駄にしないように・・・・。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ロックの子
2007年06月26日 23:00
「不思議」 「変」 最近のキーワードです。選挙はどうですかね。しょうがないですね。
2007年06月27日 13:21
ロックの子様>
うひゃー!感激!始めまして!コメントとても嬉しく候!確かに「変」は最近のキーワードになっております。拙者が思いますに 「変」を見逃さずに責めていかねば
全体主義の世の中になってしまうのではないかと考えております・・・。
選挙については 何卒、現政権に反対の一票をお願いしたく候・・・。

これからも、気軽に遊びに来てちょんまげ・・・。ヨロシクです。

この記事へのトラックバック