「草莽崛起」

最近、封印したアルバムが出てきた。友人達のヘアースタイルはパンチパーマとニグロヘアー

あんときゃあ あの頭にカッコ良さを感じたものだったが・・・。今見ると 「なんちゅう 暑苦しい

頭じゃ!」とセンスを疑いたくなる。 女子は松田聖子を意識したヘアースタイルで 洋ナシの

ように 耳の横はパーマネントでボリュームをつけている・・・。日本人なら 直毛が一番似合う

のだが・・・・。流行というのは 人間の美的思考までを変えてしまう物らしい・・・。

やっている本人達からみれば 直毛で美しい筈の髪形が 何かこう、時代遅れの センスがな

い人間のように思い込んでしまうみたいで、時が経て 結果的に こっぱずかしい思いをするの

は自分らなのであるが・・・・。

拙者の母校は 男子校であったので 入学して1年間は坊主頭だった・・・。中学時代は

長髪でアイドルみたいなスタイルだったのでかっこ悪いことこの上なかったね・・・。

思春期で在るがゆえに 近隣のかわいい女子高生と登校時間が重なると 帽子を目深に被り

目線を逢わさないようにして 道を急いだね。

戦国時代の武将が戦に負け 剃髪し出家させられる気持ちを味わったという感想に同窓生

は口をそろえて同意したものさね・・・。まあ、我が校に来る奴は周囲の進学校を滑って

落ち延びて来た連中が大勢だったので「出家」とお互いを揶揄しておりました・・。(落ち武者とかね・・・)

若き青年諸君は「五厘」というヘアースタイル名を聞いた事があるだろうか?

女性諸姉は坊主とは皆、同じと勘違いされておる方も多いいが・・。三枚と五厘とでは髪の毛

の薄さが全く違うのだ・・。三枚とは大体 髪の毛の長さが5ミリくらいだったかなあ(違ってい

たら申し訳ない)まあ、女性のファンがつく甲子園で活躍するメンバーみたいな坊主を想

像してもらえば 正解だろう。(まあ 見ても苦しゅうない坊主という事だ)

ところで、後者の「五厘」だが・・・。長さの仔細を尋ねると 頭皮から 0.05ミリ・・・と

毛はなく 地肌露出の世界なのである・・・。まあ、坊さんの 剃髪したつるつる頭ッちゅう事で

すな・・・。和服とか 学生服なれば 坊主も又良いのだが・・・。普段着に着替えたときの

かっこ悪さったりゃなかったね・・・。

冬にセーターなんか着ると 頭が引っかかっちゃたりなんかして・・・。過去に手紙やプレゼン

トをくれた女の子達は去ってゆくし・・・あまりいい思いではなかったのであります。

当時、女の子とデートしようものなら 寺の修行をサボった助平坊主と町娘が密会しておるよう

で すんげー 不自然で かっちょ悪かったのですよ・・・。三枚刈りならまだしも・・・。

だから 何時も 拙者は 和服、若しくは 剣道着を着用してたのであります・・・。

まあ 余計 女性にゃ 縁がなくなったのですが・・・。灰色の青春・・・・。

地元のトッポく リーゼントできめた友人達から 「ボイギシ!?なんで いつも和服なん!?

そげな こっちゃあ 女子にもてんぞ!?」との 問いかけに・・・。

くわっ!と目を見開き 獅子は伴侶を求めず!と言い

訳しておりましたが

ある日・・・・・。

頭髪検査で 一ミリオーバーしていて担任に「規則違反だ後1ミリ直してこい!」と言われたク

ラスメイトが 何を血迷うたか、「ええい!こうしてやるうっ!」と眉毛も含めた全身毛という毛を

剃り落としたのには感心したね!。

拙者:「思い切った事をしたのう!?」

クラスメイト:「こっ!こうすりゃあ 文句ねえだろう!ばっ、罰せるもんなら やってみい!」

こやつの、勇気ある大胆な行動に クラス中大喝采だったね・・。毛という毛・・・つまり 陰毛も

剃り落としたらしい・・・彼は江戸っ子気質で 隠れた部分まで やるというポリシーをもってい

るらしい・・・ うーむ ここまでやるとは 天晴れな奴!

否!なっ!なにも そこまで やらんでも・・・。

ところで 相対する生活指導部の教師も なかなかの兵(つわもの)で マジックをとりだし こ

ち亀の両津の様な眉毛を書いて 応戦したね・・・。口に丸ひげまで書いちゃって・・・。

教師:「こんっくしょうがあっー!!ならば こうしてやるうっ!」

キユッ キュッ! クラスメイトの悲鳴と無情にも 共鳴するマジックの音!

クラスメイト:「ひィィッ!」

こりゃあ まるで ひょうきん族の「冗談じゃないよ」おじさんみたいだ・・・。 いや!おやつの

カールおじさん! そんなことは どうでも良い!続けよう・・・。

クラスメイト:「ぎっ!虐待じゃないっすかっ!」

教師:「こざかしいくも 抵抗するからじゃっ!ぼけなすがっ!」

クラスメイト:「PTAに訴えちゃるぞ!なあ みんなっ!」

クラス全員:「シーン」

クラスメイト:「笛吹けど 踊らず!」

教師:「とんだ 勇み足じゃったのう!?ふふふふふ」

クラスメイト:「諸君は こげな 圧制を許していいのかっ!」

涙目になって 訴えるクラスメイトの目線をかわし 知らん振りをこく 奴等を 軽蔑しつつ

カッコマンの拙者が立ち上がる!

拙者:「先生!あんた達が やっとる事は ただの虐待じゃっ!面白半分にやっておるんじゃろ     
    ?好い加減にして下さらんか!?」

クラス全員:「しーん」

教師:「おおう!?よぉーう 言った・・・。放課後、指導室へ来いっ!」

放課後 指導部を訪ねた拙者は 羊の毛を刈り取られるが如く 「五厘の刑」に処せられたの

である・・・。「安政の大獄」で「草莽崛起」論を唱えられた 吉田松陰先生を思いつつ 

勇気凛々、指導部の為政者の前で 一句読み上げたのである・・・。

「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留めおかまし 大和

魂・・・。」(吉田松陰)


松蔭せんせーい!


久間元防衛相の「しょうがない」発言にゃ驚きだったが・・・「美しい国」の閣僚は惨劇の記憶まで美しいんだろうな・・・。なんてたって イラク派兵容認・ 防衛省昇格だもんな・・・・。「こげなこっちゃあ!だめだ「草莽崛起」が如く 民衆は 立ち上がるべし!」無投票なんて最低だっ!自公政権の強行採決の回数は 小泉政権を遥かに上回り 過去、例を見ないとの事!投票率を上げなんば!

最後に・・・「執権殿とその取り巻きの諂臣(コウモリ党)共!地方は全く景気回復してませんからっ!どげーなっとりまっしょうかのう!?党利党略は飽きたからさあ!ちいったあ あんたら 東国原氏を見習ったら!?」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「「草莽崛起」」について

    Excerpt: 「「草莽崛起」」について 東さんのいいところは地域のため。悪いところは知識人的お笑い主義。タミフルが高等なお笑いと・・・。古里に税金を納めるのは賛成。(+'ー')( ,_,)(+'ー')( ,_,)ウ.. Weblog: 旧学生オピニオン誌「つくし」 racked: 2007-07-11 00:03